将来の可能性を産む投資
投資や株式に関しての話題
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no title
国際分散投資は少ない利回りで、確実に利益を積み重ねていく運用方法です。
色々な方法で、利回りの向上や、リスクの軽減を探っていきましたが、やはり国際分散投資なら伝統的4資産が良いと判断した次第です。
どちらの方法を選んでも構いませんが、国際分散投資を選べば、堅実に資産を増やし続ける事ができるでしょう。
株式と国債、日本のものとアメリカのものなど、これら異なる4つの資産に投資する方法が国際分散投資です。
現在ではより細かな組み合わせの投資が行えるので、国際分散投資の幅もかなり広がっていますね。

国際分散投資の大きな特徴は、リスクを減らせる事ではなく、それよりも安定した利回りを得る事ができる点だと個人的には思います。
私は様々な国際分散投資の方法を試していきましたが、結局はこの伝統的4資産の方法に落ち着きました。
長期でみれば結果的な資産は国際分散投資で積み重ねてきたほうが多いという場合は、数多くあります。
国際分散投資を行うことで、投資によるリスクを分散させることができるので、一つの資産運用に失敗しても、損失は少なくてすみます。
投資は資産の運用こそが、本当の目的であると考えていますし、それには国際分散投資が一番適していると考えます。
ただし、大きく儲けを出したい、大きなリターンを狙いたいという方には、国際分散投資は向いていないと思います。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toushi2012.blog24.fc2.com/tb.php/305-ed580489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ken2012

Author:ken2012
お客様とメーカー様との橋渡し
役をさせていただいております、

加藤と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

口コミ情報の掲載や私自身の使
用感をお知らせし、できるだけ短
い時間にて探すことができるよう
に日々お客様の判断材料を増や
せるよう研究してまいります。当サイトについてお問合せに関して 本サイトが提供するのは、情報・紹介であり、直接の販売・商品提供ではありません。
本サイトは各企業と提携をし、ショップページ、もしくは商品ページへとリンク形式で紹介しています。
商品を直接販売するのではなく、情報提供サイトとして運営しています。よって、商品についてのお問い合わせは各実店舗までお尋ね下さいますようお願い申し上げます。
紹介においてメールでの送信で事が足りなくなったときだけ
メーカー様の対応が遅い場合
お客様合意のもとでメール打ち合わせの上電話連絡を行うことがあります。
お客様とメーカー様との橋渡しに関係する
連絡先は順位
①chanzu8@yahoo.co.jp


にてお願いいたします。
お返事は最大48時間内に返信いたします。

Yahoojapan オークション取引実績55です。
2010年9月16日改定

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。