将来の可能性を産む投資
投資や株式に関しての話題
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no title
貸金業法は、消費者金融などの貸金業が今までグレーゾーン金利を利用して利益を得ていたことで発生した過払い金が問題になり貸金業法改正などの動きが出ました。
最高裁判所で長年争われたグレーゾーン金利は、最高裁判所が実質上厳しく制する判決によって、一気に流れが変わってきたそうです。
簡単に説明すると出資法は消費者金融などが利用する、是非とも利用したい法律で、利息制限法は消費者金融を利用した利用者を守る法律です。
グレーゾーン金利は、その利率の差であるグレーゾーンの為に発生した過払い金をめぐる消費者金融と利用者の戦いのみならず、法と法の戦いともいえるかもしれません。
お金を貸す方は当然少しでも高い金利で利息を計算して収益を増やしたいと思いますし、お金を借りる方は反対に少しでも安い金利で利息を計算して返済を抑えたいと考えますよね。
最高裁判所の判決を受け、グレーゾーン金利と貸金業法についての見直しが国会でも話し合われました。
そもそもグレーゾーン金利と貸金業法のような法に矛盾点があることが一番の問題だと言えますね。
大手消費者金融のアコムでは、グレーゾーン金利を減らすべく金利の引き下げを行ったと新聞などで広告していますし、同じく大手消費者金融のアイフルでも同様にグ金利の引き下げを行っています。
グレーゾーン金利とは、消費者金融が利用する法と消費者を守る法の間で利率の差があることから過払い金が発生してしまうことが問題です。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toushi2012.blog24.fc2.com/tb.php/291-73a332d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

ken2012

Author:ken2012
お客様とメーカー様との橋渡し
役をさせていただいております、

加藤と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

口コミ情報の掲載や私自身の使
用感をお知らせし、できるだけ短
い時間にて探すことができるよう
に日々お客様の判断材料を増や
せるよう研究してまいります。当サイトについてお問合せに関して 本サイトが提供するのは、情報・紹介であり、直接の販売・商品提供ではありません。
本サイトは各企業と提携をし、ショップページ、もしくは商品ページへとリンク形式で紹介しています。
商品を直接販売するのではなく、情報提供サイトとして運営しています。よって、商品についてのお問い合わせは各実店舗までお尋ね下さいますようお願い申し上げます。
紹介においてメールでの送信で事が足りなくなったときだけ
メーカー様の対応が遅い場合
お客様合意のもとでメール打ち合わせの上電話連絡を行うことがあります。
お客様とメーカー様との橋渡しに関係する
連絡先は順位
①chanzu8@yahoo.co.jp


にてお願いいたします。
お返事は最大48時間内に返信いたします。

Yahoojapan オークション取引実績55です。
2010年9月16日改定

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。